内容証明の書き方

 内容証明を作成するにあたり、様々な制限事項があります。下記に主な一例を挙げておきますので、参考にしてください。

◆用紙

制限なし

※チラシの裏側でもコピー用紙でも何でもよい。

縦書きの場合の文字制限数

◆形式

縦書きの場合==========>

 1枚あたり26行以内・1行20文字以内

横書きの場合

 1枚あたり20行以内・1行26文字以内
        もしくは
 1枚あたり40行以内・1行13文字以内

 ※縦書き・横書きも自由

◆文字

句読点や「」・()なども一文字として数えます。

◆訂正

訂正したり、削除したりした文字も判読できるようにしたうえ、該当箇所の上欄に「2字訂正」「1字加入」というように書いて、そこに印を押しておきます。

※尚、渡辺行政書士事務所で作成した内容証明には訂正印の無いものを作成して郵送しています。

◆年月日・住所・氏名

文章中に必ず、年月日、差出人住所・氏名、受取人住所・氏名を書きます。

◆印

差出人氏名の下(横書きなら右)に、捺印します。認印でもかまいません。

◆封筒

封筒に受取人の住所・氏名、差出人の住所・氏名を書きますが、本文に書いた住所・氏名と同一でなければならないので注意が必要です。そして、封はしないで郵便局に持って行きます。

◆その他

枚数が複数になるときは、ホッチキスで止めて、用紙と用紙の境目に押印(契印)します。

NEXT→内容証明の郵送方法
お問い合わせはこちらから
MENU/岡山県行政書士会会員 渡辺行政書士事務所 内容証明の行政書士。トラブル相談解決研究所
HOME
内容証明郵便の基礎内容証明とは内容証明の書き方内容証明の郵送方法内容証明郵送後電子内容証明の仕組み内容証明が逆効果な場合内容証明郵便の料金比較表内容証明が届いた場合
次の一手!支払督促小額訴訟調停公正証書告訴状支払い停止の抗弁書主務大臣への申出
具体的事例婚姻・離婚・認知に関する内容証明遺言・相続に関する内容証明事故・損害に関する内容証明貸金・債権の回収に関する内容証明消費者保護に関する内容証明マンションに関する内容証明借地・借家に関する内容証明不動産売買に関する内容証明会社・法人に関する内容証明人事・労務に関する内容証明契約・商取引に関する内容証明知的財産権に関する内容証明
お役立ち資料家庭裁判所一覧表クーリングオフあっせん申請書知的財産権分類表時効について取得時効消滅時効(民事関連)消滅時効(商事関連)消滅時効(総務・税務関連)公訴時効(刑事事件の時効)
Q&A集離婚遺言相続養子縁組親権後見扶養民法(総則)民法(総則2)民法(物権)国家賠償請負契約製造物責任法(PL法)行政書士
ご利用案内その他ご利用方法についてお問い合わせ個人情報保護について特定商取引法に基づく表示料金表サイトマップお客様の声
リンク情報源リンク集リンク集2リンク集3リンク集4リンク集5リンク集6かんたん相互リンク
関連条文(50音順)|(か)会社法割賦販売法 (き)行政書士法 (け)刑事訴訟法健康保険法 (こ)小切手法国税通則法国家賠償法雇用保険法 (し)自動車損害賠償保障法消費者契約法商法所得税法 (せ)製造物責任法(PL法) (た)男女雇用機会均等法 (ち)著作権法 (て)手形法電子契約法 (と)特定商取引法 (み)身元保証に関する法律民法(総則)民法(物権)民法(債権)民法(親族)民法(相続) (む)無限連鎖法 (ろ)労働基準法労働者災害補償保険法労働保険の保険料の徴収等に関する法律
渡辺行政書士事務所
岡山県行政書士会所属 行政書士 渡辺 真治
岡山県岡山市南区浦安西町147-9 TEL 086-266-6196 FAX 020-4665-5841
Copyright(C) 2005-2017 渡辺行政書士事務所 All Rights Reserved.
内容証明の行政書士。トラブル相談解決研究所
▲このページのTOPに戻る