告訴状

告訴と告発の違いは?

  告訴
犯罪の被害者その他法律上告訴をすることができる人が、捜査機関に対し、犯罪事実の申告して犯人の処罰を求める意思表示。

  告発
告発は、告訴権者、犯人以外の第三者による犯罪事実の申告およびその犯人の処罰を求める意思表示。

◆どこに?

告訴又は告発は、書面又は口頭で検察官または司法警察員にこれをしなければならない(刑事訴訟法241条1項)。

司法警察員とは巡査部長以上の警察官をいいます。ただ巡査部長がいても交番所では受理してもらえません。

◆誰が?

被害者、被害者の法定代理人、被害者が死亡したときは、その配偶者・直接親族・兄弟姉妹、被害者の親族。

◆いつまでに?

親告罪の告訴犯人を知った日から6ヶ月間
犯人が誰か全くわからない場合は、当然、告訴期間は経過しません。
性犯罪の告訴期間には、6ヶ月の制約はなく、公訴時効が成立するまで、告訴できます。

  親告罪
親告罪とは、告訴がなければ公訴することのできない犯罪。
具体的には、信書開封罪、秘密漏示罪、強制わいせつ、強姦罪、過失傷害、誘拐罪、名誉毀損罪、侮辱罪、親族間の財産罪(窃盗など)、私用文書毀棄罪、器物損壊罪、信書隠匿罪、著作権等侵害罪、訂正放送等の違反罪、漁業権等侵害罪。

◆受理は?

告訴状や告発状は必ず受理されるとは限りません。まずは受理されなかった理由を聞きましょう。訂正が必要な場合は訂正します。それでも受理されなかったら、提出先を変えたり、上級官庁に問い合わせてみることなどを検討します。

◆どうやって?

告訴・告発は書面で!
告訴・告発は法律上、口頭でも行うことができるとされています。しかし、事実関係を明瞭にするためには書面の方が便利です。告訴・告発は書面でなすのが通常です。

◆一般的な記載事項は?

 ●犯人の特定
氏名・住所・生年月日などできるだけ詳しく書きます。もし特定できない場合でも 年齢・性別・身長・着衣・人相など犯人特定の資料となることをできるだけ詳しく書きます。

 ●犯罪事実
犯罪の日時・場所・態様等できるだけ詳しく書きます。

 ●処罰を求める意思の明確な表示、その他証拠になるものなどを書きます。


★ 告訴状 文例

告訴状
平成××年××月××日
  ××警察署長殿
告訴人  ○○ ○○  印
(代理人による場合は代理人の住所・職業・氏名を記載)
告訴人 住所  ×××県××市××町1-1-1
氏名  ○○ ○○
被告訴人 住所  ×××県××市△△町5-5-5
氏名  ●● ●●
被告訴人の以下の所為は刑法204条の傷害罪に該当すると考えますので、捜査のうえ、厳重に処罰されたく、ここに告訴致します。
告訴事実
  被告訴人は・・・・
添付書類
  医師の診断書・証拠・現場を目撃した証人の供述書・現場写真


お問い合わせはこちらから
MENU/岡山県行政書士会会員 渡辺行政書士事務所 内容証明の行政書士。トラブル相談解決研究所
HOME
内容証明郵便の基礎内容証明とは内容証明の書き方内容証明の郵送方法内容証明郵送後電子内容証明の仕組み内容証明が逆効果な場合内容証明郵便の料金比較表内容証明が届いた場合
次の一手!支払督促小額訴訟調停公正証書告訴状支払い停止の抗弁書主務大臣への申出
具体的事例婚姻・離婚・認知に関する内容証明遺言・相続に関する内容証明事故・損害に関する内容証明貸金・債権の回収に関する内容証明消費者保護に関する内容証明マンションに関する内容証明借地・借家に関する内容証明不動産売買に関する内容証明会社・法人に関する内容証明人事・労務に関する内容証明契約・商取引に関する内容証明知的財産権に関する内容証明
お役立ち資料家庭裁判所一覧表クーリングオフあっせん申請書知的財産権分類表時効について取得時効消滅時効(民事関連)消滅時効(商事関連)消滅時効(総務・税務関連)公訴時効(刑事事件の時効)
Q&A集離婚遺言相続養子縁組親権後見扶養民法(総則)民法(総則2)民法(物権)国家賠償請負契約製造物責任法(PL法)行政書士
ご利用案内その他ご利用方法についてお問い合わせ個人情報保護について特定商取引法に基づく表示料金表サイトマップお客様の声
リンク情報源リンク集リンク集2リンク集3リンク集4リンク集5リンク集6かんたん相互リンク
関連条文(50音順)|(か)会社法割賦販売法 (き)行政書士法 (け)刑事訴訟法健康保険法 (こ)小切手法国税通則法国家賠償法雇用保険法 (し)自動車損害賠償保障法消費者契約法商法所得税法 (せ)製造物責任法(PL法) (た)男女雇用機会均等法 (ち)著作権法 (て)手形法電子契約法 (と)特定商取引法 (み)身元保証に関する法律民法(総則)民法(物権)民法(債権)民法(親族)民法(相続) (む)無限連鎖法 (ろ)労働基準法労働者災害補償保険法労働保険の保険料の徴収等に関する法律
渡辺行政書士事務所
岡山県行政書士会所属 行政書士 渡辺 真治
岡山県岡山市南区浦安西町147-9 TEL 086-289-5453
Copyright(C) 2005-2017 渡辺行政書士事務所 All Rights Reserved.
内容証明の行政書士。トラブル相談解決研究所
▲このページのTOPに戻る